InfoGrampus

 2002 FIFA WORLD CUPのページ

 いよいよW杯イヤーです!強豪チームはともかく、中堅以下のチームはあんまり知らないなあ、というわけで、参加32ヶ国について調べたことを順番に書いていこうと思います。ジダンやリバウドといったスター選手を見るのも楽しみですが、事前にチェックしておいた選手が新しいヒーローになったら嬉しさもひとしおです! (2002.1.14〜)

 今NHKの開会式見ながら書いてます。とうとう始まっちゃいました。キムタクがしゃべってるよ〜。結局下調べ出来たのは10カ国足らずでした。;;
 私のひいきはイタリア!前々回アメリカ大会でバレージを見て堅守に感動してしまいました。今回はマルディーニ・ネスタ・カンナバーロのディフェンスに加えて、ビエリ・インザーギ・デルピエロと攻撃陣も豊富!中盤にはトッティもいるし、とにかく1点取って守りきっちゃってください!でも若手育ってないから今年逃すと辛いかも・・(2002.5.31)

 チケット売れ残り問題で、これまでの三日間で約20%3万7千席が空席だったらしいです。この問題だけで2002ワールドカップは早くも失敗W杯と断言していいでしょう(怒)。開幕からいい試合が多いだけに残念です。FIFAと英バイロム社は責任とりやがれ!!!JAWOCの対応も生ぬるいぞ!!(2002.6.3)

決勝トーナメント
韓国会場 ベスト16 ベスト8 準決勝 決 勝 準決勝 ベスト8 ベスト16 日本会場
ドイツ 2 6/15(土)
15:30
ソギポ
1 6/21(金)
20:30
ウルサン
 1 6/25(火)
20:30
ソウル
 0 6/30(日)
20:30
横浜

ブラジル
6/26(水)
20:30
埼玉
 1 6/21(金)
15:30
静岡
1 6/15(土)
20:30
新潟
0 デンマーク
パラグアイ 0 3 イングランド
メキシコ 0 6/17(月)
15:30
チョンジュ
0 2 6/17(月)
20:30
神戸
2 ブラジル
アメリカ 2 0 ベルギー
スペイン 1 6/16(日)
20:30
スウォン
0 6/22(土)
15:30
カンジュ
 0 6/22(土)
20:30
大阪
 0 6/16(日)
15:30
大分
1 スウェーデン
アイルランド 1 2 セネガル
韓国 2 6/18(火)
20:30
デジョン
0  2 6/29(土)
20:30
テグ
 1 6/18(火)
15:30
宮城
0 日本
イタリア 1 1 トルコ
韓国会場 ベスト16 ベスト8  準決勝 3位決定戦 準決勝  ベスト8 ベスト16 日本会場


Group−A フランス デンマーク セネガル ウルグアイ
Group−B スペイン スロベニア 南アフリカ パラグアイ
Group−C ブラジル トルコ コスタリカ 中国
Group−D 韓国 ポルトガル ポーランド アメリカ
Group−E ドイツ アイルランド カメルーン サウジアラビア
Group−F アルゼンチン イングランド ナイジェリア スウェーデン
Group−G イタリア クロアチア エクアドル メキシコ
Group−H ロシア ベルギー チュニジア 日本

5/31(金)
20:30 Group-A フランス 0 x 1 セネガル(ソウル)

フランス、気を抜いたらヤバイんじゃないかと思っていたら、その通り負けちゃいました。
アンリとトレゼゲ外しすぎだし。何本バーとポストに当てたんだろう。
ジダンの代わりに入ったジョルカエフは気の毒というか、荷が重かったですね。出来悪かった・・
でも試合はすごく面白かった。セネガルは間違いなく現在アフリカNo1でしょう。
同じ組のデンマークとウルグアイも一筋縄ではいかないのでフランスはやばいなあ。まあ大丈夫
だろうけど。

6/1(土)
15:30 Group-E アイルランド 1 x 1 カメルーン(新潟)
18:00 Group-A ウルグアイ 1 x 2 デンマーク(蔚山)
20:30 Group-E ドイツ 8 x 0 サウジアラビア(札幌)

アイルランドいいですね〜。ロイ・キーンいないけど、気持ちだけで勝ったような。
カメルーンの方が一対一とか圧倒的に強いんだけど、跳ね返されても跳ね返されても
地道に決められたことを繰り返して追いついちゃいました。

ウルグアイはレコバが本調子じゃないとつらいものが・・。デンマーク、トマソンお見事でした。

サウジは弱すぎだろうに?!あれはいかん。こういう弱いチームがハットトリックとかされちゃうから
ロシアのサレンコみたいのが得点王になっちゃうんだよ。だいたいドイツなんて同じパターンでしか
攻めてこないんだから守備修正しろっつうに。これでもか、これでもか、ってヘディング決めまくる
ドイツにゲルマン魂を見ました(笑

6/2(日)
14:30 Group-F アルゼンチン 1 x 0 ナイジェリア(茨城)
16:30 Group-B パラグアイ 2 x 2 南アフリカ(釜山)
18:30 Group-F イングランド 1 x 1 スウェーデン(埼玉)
20:30 Group-B スペイン 3 x 1 スロベニア(光州)

アルゼンチン強すぎ・・。バティやベロンがすごい迫力で攻撃しまくるのも凄いんだけど、
守りにも全く隙が見えないところがビックリでした。心配なのは、死のF組対策か、みんな
一戦目から体がそれなりにきれていたので、コンディションが一ヶ月持つんでしょうか?!

パラグアイは最後キーパーのミスで同点にされ、チラベルトが出られなかった穴がもろに
出てしまいました・・

イングランドのベッカムとスウェーデンのユングベリを注目して見ていましたが、ふたりとも
怪我が完治していないのか、全くもって出来が悪かったです。この引き分けでイングランド
は苦しくなりました。

スペインが珍しく初戦快勝!ラウールも調子良さそう。期待されていない無敵艦隊がいいとこ
までいくかもしれませんね。

6/3(月)
15:30 Group-G クロアチア 0 x 1 メキシコ(新潟)
18:00 Group-C ブラジル 2 x 1 トルコ(蔚山)
20:30 Group-G イタリア 2 x 0 エクアドル(札幌)

プロシネツキは前半のみで交代。次回出番はあるのか?メキシコのブランコはおもしろい
プレーをしますね。

あのPKはペナルティエリアの外だろ!といいつつも、ブラジルが難敵トルコに勝ったことでブラ
ジルのC組一位通過が固くなりました。日本が2位通過だとブラジルと当たってしまうなあ。まあ、
通過できれば御の字なんだけど。それにしてもロナウド、いいんでないでしょうか?!

イタリアらしい勝ち方でよかったです。一点とってちょっと攻められて、しっかり守るうちに追加点!
ネスタはすばらしい。マルディーニ・カンナバーロより断然いい。パヌッチを右に入れて4バックで、
デルピエロ・インザーギがベンチスタート、さすがトラップ氏、堅いです。この調子で優勝はいただ
きですね(笑) でもユニホームの青色がまた薄くなってしまって、なんか格好悪い・・。

6/4(火)
15:30 Group-C 中国 0 x 2 コスタリカ(光州)
18:00 Group-H 日本 2 x 2 ベルギー(埼玉)
20:30 Group-D 韓国 x ポーランド(釜山)

日本代表とかグランパスとの親善試合で馴染みがあったコスタリカですが、スカパーに入ってない
私は見れませんでした。(笑) お気に入りだったFWゴメスが点取ったみたいで何よりです。名将
ボラをもってしても中国はまだひよっこなんでしょうか

勝てた試合でした〜。稲本の幻の3点目は何がファウルだったんだろ?コスタリカのマトゥス主審は
かなり頂けませんでした。その後の、楢崎が相手を倒してしまったのも完全に遅れていたので、まあ
引き分けで良しとしましょう。勝ち点1!!ですしね。
最近の言動からプレッシャーに潰されたんじゃないかと心配していたトルシエですが、的確な
采配でグッドでした!森岡が怪我したのが今後心配です・・
(2002.6.6 森岡は二戦目大丈夫そうです。稲本の幻の3点目のシーンは足を高く上げてボールを
奪いに行ったのが危険と判断されたようです。一点目のウィルモッツのオーバーヘッドのシーンでは、
市川がオフサイドラインの後ろに一人残ってます・・。それ以外はナイスプレーだったと思うんですが。)

韓国はファン・ソンホン、ユ・サンチョルのベテランがナイスシュート!ホン・ミョンボはメチャメチャ効いて
ました。安心感が違いますね。9番のソル・ギヒョンが左サイドをよく動いてくさびになってました。
韓国サポーターも熱い応援でした。日本の方が広く人気がある分、普段サッカー見ない人までスタ
ンドに足を運んでいる為か静かな印象でした。

6/5(水)
15:30 Group-H ロシア 2 x 0 チュニジア(神戸)
18:00 Group-D アメリカ 3 x 2 ポルトガル(水原)
20:30 Group-E ドイツ 1 x 1 アイルランド(茨城)

神戸まで行って来ました。序盤はチュニジアも頑張っていて、これで本当に弱いんだろうかと、心配に
なるほどでした。5番のCFジャジリのドリブル突破はかなり危険です。ただ全体的に攻撃のサポートが
少なく、意外なことにスタミナがロシアよりむしろありませんでした。エルウアエルの引退によって経験
の少ないだろうGKブニジェルが完全に穴です。(笑) 一失点目につながる20mぐらい先のロシア選手に
スローイングしてしまう大チョンボ以外にも随所に危なっかしいプレーをしていました。
ロシアはモストボイが欠場で攻撃にバリエーションがありませんでした。ティトフのミドルシュートは結構
危険です。CFベスチャスニフは出来が悪く途中で下がってしまいました。スローテンポでショートパスを
つなぐ点で日本にかなり似たチームという印象でした。

神戸から帰ってくる途中、名古屋の地下鉄の電光掲示板で結果を知って、目を疑いました。(笑) アメリカ
も強いとは思ってましたが、まさか勝ってしまうとは・・。フィーゴは依然不調のようですね。

後半92分にアイリッシュ魂炸裂し、同点。カメルーン戦に続いて追いついての引き分け。アイルランド
いいなあ〜。ドイツはクローゼが今大会4点目のヘッドを決めました。

6/6(木)
15:30 Group-A セネガル 1 x 1 デンマーク(大邸)
18:00 Group-E サウジアラビア 0 x 1 カメルーン(埼玉)
20:30 Group-A フランス 0 x 0 ウルグアイ(釜山)

ディアオがトマソンを危険なプレーで倒してPK、トマソンが自ら決めて先攻。ディアオがシュート決め
て同点。ディアオはその後退場してしまいました。

初戦8失点のサウジが立て直してきましたが、エトーの一発でやられました。サウジのアル・テミヤトが
テクニシャンの片鱗を見せたようです。

メキシコのフェリペ・ラモス・リソ主審によって大変な試合になってしまいました。2戦目ながら、この試合で
負けると決勝トーナメント進出がなくなるという状況。フランスはジダンが依然怪我で出られず、前半の序盤
にアンリが不可解なレッド一発退場。せいぜいイエローだろ、あれは。審判の判定がまちまちのため、至る
ところで小競り合いが起きていました。リザラズとダリオ・シルバのやり合いはかなり見苦しかったです。(笑)
後半にはいって、10人のフランスが6割近くボールを支配。ウルグアイはウルグアイでカウンターからレコバの
華麗なプレーに繋げ、かなり見ていて興奮しました。バルデズとカリーニの両キーパーもスーパープレーの連
続。ただ、レコバが華麗なんだけど、調子はかなり悪い・・。バルデズが飛び出した後、フリーで蹴りこむだけ
の場面も外してしまった・・。角度なかったしだいぶ走った後なのでしょうがないか・・。
結局引き分け。3戦目この2チームが勝っても得失点差で決まるえらいことに・・。ここまで無得点のフランスは
2点差はつけて勝たないと苦しそう。
しかし、守りきったウルグアイ最高!しびれました。

6/7(金)
15:30 Group-F ナイジェリア 1 x 2 スウェーデン(神戸)
18:00 Group-B スペイン 3 x 1 パラグアイ(全州)
20:30 Group-F アルゼンチン 0 x 1 イングランド(宮城)

ナイジェリアが先制したが、ユングベリのアシストをラーションが決めて同点。PKもラーションが決めて、スウェ
ーデンの勝ち。ナイジェリアは予選敗退が決まってしまいました。スウェーデンけっこう強いかも。

前半10分にスペインのOGでパラグアイが先制も、後半モリエンテスが2ゴールし逆転。2点目はチラベルトが
センタリングの目測を誤るチョンボをしたのが原因。チラベルもここまでか・・(笑) スペインは決勝トーナメント進出
を一番乗りで決めました。

予選で最も注目のカード!3戦目のアルゼンチン−スウェーデン見に行く関係で、アルゼンチンが勝ちぬけてし
まっては困るという状況での観戦。(笑) 前半44分にアルゼンチンのポチェッティーノがオーウェンを倒してしまい
PK。ベッカムが決めて、イングランドが一点先制!最初から飛ばしたイングランドのスタミナが、後半20分ぐら
いで完全に切れて、全員守備の苦しい状況になるも守りきって終了。イングランドのボールキープ率はなんと
34%。空調の利いた札幌ドームの夜の試合でなかったら、もっと大変なことになっていたでしょう。アルゼンチ
ンもシュートをことごとくふかしてしまい不調、死のF組3位に転落し、逆に3戦目が楽しみになりました。

6/8(土)
15:30 Group-B スロベニア 0 x 1 南アフリカ(大邸)
18:00 Group-G イタリア 1 x 2 クロアチア(茨城)
20:30 Group-C ブラジル 4 x 0 中国(西帰浦)

スロベニアは緒戦のスペイン戦後、監督と確執を起こしザホビッチがチームから追放され、まとまりが無い様子。
南アフリカがワールドカップ初勝利をあげた。

クロアチアは緒戦のメキシコ戦で不出来だったベテランのシュケルとプロシネツキを外し、ラパイッチとブグリネツ
を起用。イタリアは緒戦と同じくパヌッチを右SBに起用した4バック。前半早々に右CBネスタが負傷退場したた
め、マテラッツィを左CBに入れ、カンナバーロが右CBに移動。ビエリが先取点を挙げたが、スピードの無いマル
ディーニとマテラッツィのところを、オリッチ・ラパイッチが突きクロアチアが逆転した。一点とって守りきりにかか
ったところを逆転されるというイタリアらしからぬ負け方で、ネスタが長引くとつらそう・・

ブラジルがB組のスペインに次いで予選突破を決めました。一点目のロベカルのFKは相変わらず凄かったです。
強烈なキック力を持つ選手はたくさんいるけど、枠に入れてくる確率が違いますね。

6/9(日)
15:30 Group-G エクアドル 1 x 2 メキシコ(宮城)
18:00 Group-C トルコ 1 x 1 コスタリカ(仁川)
20:30 Group-H 日本 1 x 0 ロシア(横浜)

エクアドルがW杯の初得点で先制したものの、メキシコが余裕で逆転してしまいました。メキシコのGKペレスは
身長171cm、カンポスは168cmだったし、メキシコ人は小さいです。(笑) でもペレスの前へ飛び出すスピード
とかキャッチング技術はさすがでした。

コスタリカはグランパス戦で生で見たこともあるし、トルコはもともと良いチームだと聞いていたので、かなり見た
かったんだけど、両チームとも予選全試合地上波ではやらないことが判明しました・・。そんなチームがあったと
は。

感動の初勝利!!!!!稲本ありがとう。最初オフサイドかと思ったけど、スローで見たらギリギリセーフ!
本人も最初オフサイドと思ったので力を抜いて打てたと言っていた。何にしても良かった。出た選手みんな最高
でした。楢崎もいい飛び出しと確実なキャッチングを見せてくれて、これで3戦目も間違いなくスタメンですね。
今まで散々だった宮本がラインの押し上げを修正して見事なプレーでした。戸田と明神は目立たないけどめちゃ
くちゃ利いてましたね。ヒデはマークがきついのと足が本調子じゃないこともあるのかミスが多かったけど、ディ
フェンスを引き付けていたし、チームをまとめてましたねえ。小野と中田浩二は二人でカルビンを良く抑えてくれ
ました。こんなに攻守にいい中田浩二ははじめて見ました。(笑) 柳沢と鈴木もフォアチェックばっちし。日本も
強くなったものです。

6/10(月)
15:30 Group-D 韓国 1 x 1 アメリカ(大邸)
18:00 Group-H ベルギー 1 x 1 チュニジア(大分)
20:30 Group-D ポーランド 0 x 4 ポルトガル(全州)

韓国は勝てる試合を引き分けてしまいました。PKを外したのが悔やまれます。最後をポルトガルとトーナメント
進出を争うっていうのがついてないですね。ソウルの市役所前に15万人のサポーターが集まった映像は凄まじ
いものがありました。あれは確かに次のポルトガルはメチャクチャやりにくいでしょう。あと、アン・ジョンファンが
得点した後にスケートの真似をするパフォーマンスをしていたのは、笑っていいのか深刻な問題なのかどっち
なんでしょう。ソルトレイク五輪でのアポロ・オーノの問題は韓米関係に大きな溝を作っているようです。

ベルギーのウィルモッツが先制シュートを押し込みましたが、チュニジアのブゼーネが同点のFKで同点に追い
つきました。日本の次の相手チュニジアですが、ロシア戦のときより全然良くなってました。ロシア戦は欠場し
ていたベン・アシュール、こいつは危険です。戸田にけずってもらいましょう。トラベルシも良くなっていたし、け
っこう危険です。しかし、この試合が引き分けたため、日本は2点差以上で負けなければ決勝進出できるという
楽な展開になりました。韓国に比べると日本は運がついてますね。

ポルトガルのパウレタがハットトリック。フィーゴもアシストを決めたし、ルイ・コスタも途中出場で一点決めてくれ
ました。コンディション上がってきてます。次の韓国戦はかなり楽しみです。あと、この試合は激しいどしゃ降り
でした。日本も九州が梅雨入りして、明日から一週間ぐらい全国的に雨模様みたい。熱戦に水を差さないでほし
いですが、こればっかりはどうしようもないですね。

6/11(火)
15:30 Group-A フランス 0 x 2 デンマーク(仁川)
15:30 Group-A セネガル 3 x 3 ウルグアイ(水原)
20:30 Group-E ドイツ 2 x 0 カメルーン(静岡)
20:30 Group-E サウジアラビア 0 x 3 アイルランド(横浜)

2点差をつけて勝たないと敗退するフランスは負傷が治りきってないジダンを投入し背水の陣。散々チャンスを
作るものの相変わらずトレゼゲが外しまくってにやにやしてる。そうこうするうちに22分にロンメダル、67分に
トマソンがカウンターから得点。フランスは無得点のまま1stラウンド敗退となってしまいました。一度優勝を経験
し金持ちになって選手たちは闘志を失ってしまったかのようでした。

主審の誤審によるPKを得てセネガルが先制し、一時は3−0に。そのあと、ウルグアイが一点取るとセネガルの
守備が崩壊し、3−3の引き分けで終了。セネガルが決勝T進出をかろうじて決めました。ウルグアイは面白い
チームだっただけに最後もう一点欲しかったです。

雨のエコパで観戦してきました。パーク&ライドのしきりが悪いのが閉口しました。
引き分けでもいいドイツと勝ちが必要なカメルーンの一戦。カメルーンの戦いが楽しみでしたが、攻める意思が
あるのか疑わしい内容でした。南アフリカといいコスタリカといいグループリーグの戦い方が下手というか、ルー
ルが分かってないんじゃないかと思えてきますが、国民性なんですかね。
試合はスペインのニエト主審がイエロー16枚を乱発し、荒れたものとなりました。40分にドイツの3バックの真
ん中ラメロウが2枚目のイエローで退場。ここから面白くなるかと思いましたが、ドイツはツィーゲとフリングスを
サイドバックに下げて危なげない守備を見せました。さすがゲルマン魂です。50分に途中出場のボーデが先制
点を決めて勝負あったかという内容でした。フェラー監督の采配がとても良かったです。

ドイツxカメルーンが引き分けた場合を考えると2点差付けて勝ちたいアイルランドが、あっさり3-0での勝利。ボ
レーを決めるなどロビー・キーンの調子が良さそうです。

6/12(水)
15:30 Group-F ナイジェリア 0 x 0 イングランド(大阪)
15:30 Group-F アルゼンチン 1 x 1 スウェーデン(宮城)
20:30 Group-B スロベニア 1 x 3 パラグアイ(西帰浦)
20:30 Group-B スペイン 3 x 2 南アフリカ(大田)

34℃の暑さの中で、引き分け狙いのイングランドと敗退が決まっているナイジェリアの一戦。イングランドが守り
きって決勝T進出を決めました。イングランドのDFファーディナンドとキャンベルが効いていますね。

宮城スタジアムで観てきました!勝たないと厳しいアルゼンチンと引き分けでいいスウェーデンの一戦。前半の
最初からアルゼンチンが一対一で簡単にボールを奪って攻めまくり、ソリンやCロペスの惜しいシュートが決まら
ず大興奮でした。59分にスベンソンのFKが決まりスウェーデンがリード。アルゼンチンの壁が10cmでも飛んで
いればクリア出来ただけに悔やまれます。攻撃のことしか頭に無かったんでしょう。ようやく88分にオルテガが
PKを得て、PKの跳ね返りをクレスポが押し込んで同点!ロスタイムの4分とあわせて、残りの7分ばかり怒涛の
攻撃を続けましたが、スウェーデンが守りきって終了。アルゼンチンの敗退が決まりました。さすが優勝候補の
プレーは他のチームとは違い、決勝Tでも見たかっただけに残念でした。いい試合でした〜。

パラグアイは南アフリカが負けた場合に得失点差で出場できるかどうかという状態。開始22分に一人退場、4
4分に先制される苦しい状態から、後半3得点し逆転。南アフリカが負けたため、パラグアイの決勝T進出が決
まりました。しかしチラベルトのセービング能力は今や並以下ですね。(笑)

既に決勝T進出を決めているスペインが主力を温存しながらも快勝。ラウルが2得点し、調子が良さそうです。南
アフリカは引き分けでも良かっただけに残念でした。

6/13(木)
15:30 Group-C トルコ 3 x 0 中国(ソウル)
15:30 Group-C ブラジル 5 x 2 コスタリカ(水原)
20:30 Group-G イタリア 1 x 1 メキシコ(大分)
20:30 Group-G エクアドル 1 x 0 クロアチア(横浜)

トルコがハサンの先制点で快勝し、コスタリカの大敗によって決勝T進出を決めました。エムレ・ベロゾール(イン
テル)とエムレ・アシクが累積警告で次試合出場停止。日本が当たる可能性大ですから大きいですね。

ロナウドがいい感じで2得点!抜群の攻撃力でした。それに対しコスタリカも自慢の攻撃力で真っ向から勝負しに
いって玉砕しました。(笑) 負けても大敗しなければ決勝Tに出られたのに・・。

イタリアどうしてしまったんでしょう?!クロアチアが負けたため決勝T進めましたが、ただ運が良かっただけです。
トラップ氏の采配も選手同士の連携もメチャクチャです。メキシコのボルヘッティが決めた先制ヘッドはマルディー
ニが完全に競り負けました。

横浜国際で観てきました。ここはでかい上に傾斜が緩やかなので見にくいですね。勝てば決勝T進出のクロア
チアですが、いまいち出来が悪かったようです。

6/14(金)
15:30 Group-H 日本 2 x 0 チュニジア(大阪)
15:30 Group-H ベルギー 3 x 2 ロシア(静岡)
20:30 Group-D 韓国 1 x 0 ポルトガル(仁川)
20:30 Group-D ポーランド 3 x 1 アメリカ(大田)

一点差負けならいい日本と2点差勝ちなら進めるチュニジアの戦い。チュニジアが何故か前半攻めてこないため
日本もあえてリスクは犯さず、前半は0−0で終了。後半から入った森島が48分に先制し、75分にヒデが市川の
クロスをヘッドで決めて追加点。中盤のマークが厳しくなるところで、パスをもらいにいくフォローが多く、サイドか
らの攻撃が効果的でした。最後はヒデを下げて、試合に出ていない小笠原を出す余裕を見せ、危なげない試合
運びで決勝T進出決定!トルシエ采配が見事決まりました。

勝ち点3のロシアと2のベルギーの対決。両チームとも3戦目にして力を出してきたようですが、ベルギーが勝って
決勝T進出。

引き分けでいい韓国と勝ちが欲しいポルトガルでしたが、開始早々にレッドが出てポルトガルは10人に。ところ
が、アメリカが前半早々に0-2と点を取られたため、この試合が引き分けなら両チーム決勝Tに出られる状況に。
引き分け狙いでボールをまわし始めるポルトガルに対し、勝ちしか意識しない韓国、京都パープルサンガののパ
ク・チソンが見事なトラップからシュートを決め勝負あり。ポルトガルが慌てて攻撃しても時すでに遅しでした。

強いのか弱いのか良く分からないアメリカが、ポーランドにまさかの負け。ポルトガル−韓国戦まで台無しにして
しまいました。

6/15(土)
15:30 E1-B2 ドイツ 1 x 0 パラグアイ(西帰浦)
20:30 A1-F2 デンマーク 0 x 3 イングランド(新潟)

両チームの中盤以降の守備が良く、ゴール前のシーンが非常に少ない試合。パラグアイの方が多くチャンスを
作っていましたが、後半43分に右サイドを突破したシュナイダーがクロスをあげノイビルが足で押し込みました。
さすがドイツ、ほとんど無かったチャンスを物にしてしまいました。パラグアイは延長に取っておいた、前の試合で
2点取っているクエバスをあわてて投入しましたが、時すでに遅しで試合終了。つまらない試合でした。

開始5分にデンマークの単純なミスでイングランドがCKを得て、ベッカムのキックをファーディナンドが頭で押し込
んであっさり先制。22分にオーウェン、44分にベッカムのアシストをヘスキーが蹴りこんで3−0。前半の終盤か
ら激しい豪雨の中の試合でした。涼しい気候もあってか、ベッカムのキックがかなり復活したようです。接触プレイ
はまだ避けているようですが。

6/16(日)
15:30 F1-A2 スウェーデン 1 x 2 セネガル(大分)
20:30 B1-E2 スペイン 1(3 pk 2)1 アイルランド(水原)

セネガルはディアオとファディガが出場停止、スウェーデンのユングベリも前の試合に続いて負傷で欠場でした。
スウェーデンが前半11分ラーションの得点で先制、セネガルもアンリ・カマラの得点で同点。後半で勝負がつかず
延長へ。延長前半アンリ・カマラが2点目を決めて勝負あり。セネガルのゴール前の個人技は凄かったです。
デンマークに続きスウェーデンも負けて、この2チームに息の根を止められたフランスとアルゼンチンは何だった
んだろうという感じでした。やはりグループリーグと決勝トーナメントは違いますね。

スペインがモリエンテスのゴールで先制し逃げ切るかと思いましたが、アイルランドが持ち味を出して粘り強い
プレー。90分にイエロがたまらずユニフォームを引っ張ってしまってPKとなり、ロビー・キーンが決めて同点。
延長の最初からスペインの守備的MFアルベルダが負傷し、3人の交代枠を使い切っていたスペインは10人で
戦うことに。延長前半はアイルランドが攻めたものの、延長後半は双方へばりきってPK戦に突入。スペインが
なんとかベスト8に進みました。アイルランドは粘りのあるいいチームでした。

6/17(月)
15:30 G1-D2 メキシコ 0 x 2 アメリカ(全州)
20:30 C1-H2 ブラジル 2 x 0 ベルギー(神戸)

ブランコを中心にまとまりがあり面白いサッカーをするメキシコと、グループリーグ最終戦でポーランドに負け崖っ
ぷちから上がってきたアメリカの一戦。前半8分右サイドからのセンタリングをマクブライドが決めあっさりアメリカ
が先制。メキシコが盛んに攻めるものの後半20分にアメリカが追加点を奪い勝負あり。

前半ウィルモッツ、ベルヘイエンらを中心にベルギーが善戦し0対0でハーフタイム。後半22分右サイドのロナ
ウジーニョが早いモーションでセンタリング、リバウドが胸でトラップし反転、DFのマークを一瞬にして外して、豪快
に蹴りこみブラジルが先制。42分にロナウドがシュートを決め2対0で終了。負けたもののベルギーはグループ
リーグとは一味違う勝負強さを見せてくれました。

6/18(火)
15:30 H1-C2 日本 x トルコ(宮城)
20:30 D1-G2 韓国 x イタリア(大田)




FEVERNOVA(フィーバーノヴァ)

「フィーバーノヴァ」は、2002年W杯の公式試合球の名前。
デザインが一新した以外にも、さまざまな改良がされているらしい。

1970年のメキシコ大会以降、W杯の公式試合球はアディダスが提供している。今回のは「プレーヤーが想定したところに蹴られる」というのがコンセプトで、反発力と正確性があがっているとか。表皮の下に縦横均一に伸び縮みする素材が敷き詰められていて、均等な反発力が得られるようになっている。

じっさいにワールドカップで使われる公式試合球は、一般に市販される「フィーバーノヴァ」とは異なり、人間の手によって縫製される。熟練の職人がそろっているモロッコで作られ、ドイツで検査されたあと、開催国の日本と韓国に届けられる。

開発にあたってはアディダスと契約しているベッカムやジダンもアドバイスをしていて、特にMFに高い評価をえているそうだ。(2002.2.25)

5月16日、620個の「フィーバーノヴァ」が日本に到着。10箇所の会場に配送される。27日ぐらいに各会場に行き渡るらしい。6月1日から試合が始まるのに、けっこうギリギリで大丈夫なんだろうか?!
ロナウド的には軽すぎて良くないみたい。(2002.5.18)

日本代表ページ