マンションの最近のブログ記事


Blu-ray欲しさにDIGA DMR-BW870を買いました。
さっそく「オペラ座の怪人」を観て、画質もですがリニアPCM5.1chのすばらしさに感動しました。

ただ、問題なのは操作性。

DIGA購入前までは、レグザとONKYOアンプなので、RI端子による連動で快適に使用していました。しかし、当然ですが、レグザリンクとビエラリンクはそのままでは繋がりません。

BW870はHDMI出力がひとつしかないので、接続は下記しか考えられません。

  REGZA - SA705 - DIGA


SA705には、HDMIリンク機能(RI HDというらしい)もあるらしいので、そちらを試してみた。

 設定は、次のとおり。

  REGZA ⇒  「初期設定」 - 「レグザリンク設定」 - 「HDMI連動設定」 で、すべての項目を"連動する" にして、優先スピーカを"AVアンプスピーカ" にする。
  SA705 ⇒ 「Control」、「Power Control」、「TV Control」を"Enable"にする。

 結果は、ほぼ期待通りに動いてくれます。

  • テレビの電源オン → アンプの電源オン(ソースは自動的にTVになる)
  • テレビの電源オフ → アンプの電源オフ
  • テレビのリモコンで音量調整 → アンプの音量が変わる
  • DIGAの電源オン&番組表・録画一覧等のボタン押下 → テレビとアンプの電源オン(ソースは自動的にDVDになる)


 ただ、ここでもひとつ大きな問題が・・

 HDMIリンクを使うと、SA705の電源ボタンをOFFにしたとき、READY状態となって、オレンジ色のLEDが光るようになります。(HDMIリンク未使用時は赤色)
 なんだろう?としばらく思っていましたが、あるとき電源OFFのはずのアンプに手を触れるとかなり熱い。

 なんと、電源ユニットに通電されたままになるのです。正確な数字は忘れたけど、40Wぐらいだったはずです。部屋の電灯をつけっぱなしぐらいの電力はあります。それに使っていないのに熱をもっているというのもなんとなく気持ち悪い。

 で、しばらくHDMIリンクを無効にして、手で各機器を切り替えて使っていましたが、やはり使い勝手が悪すぎる。妥協案として、HDMIリンクは有効にして、夜間はアンプの電源をタイマーで通電しないようにしました。

 方法は、近くにあるデジタルフォトフレームがタイマーで夜間は電源を切るように設定してあったので、そこに「マイコン式パソコン連動タップ T-Y10A」を接続して、フォトフレームの電源が入っているときはアンプもオン、フォトフレームの電源が落ちたらアンプもオフとなるようにしました。


冷蔵庫の買い替え

|

 2002年に買った日立の冷蔵庫(R-S36RVL)が壊れました。
 フリーダイヤルに掛けたら、サービスマンが来るのは次の日になると言われたけど、今日来てほしいと言ったらあっさりOK。
 すぐに来てくれて、ヒューズと霜取りセンサーを交換。ヒューズがとんでいる状況から直ぐにまた壊れる可能性が50%。
 交渉したところ、直るか分からないので修理代は結構です、とのこと。
事前にネットで2002年頃の日立冷蔵庫は霜取りセンサーの故障が多発しているのを調べておいて、チクリと言ったのが効いたかも^^。

 また壊れたら目も当てられないので、次の日にヤマダ電機へ冷蔵庫を見に行きました。
ターゲットはパナソニックのNR-F503Tと三菱のMR-E50P。冷蔵庫は9月にモデルチェンジするみたいで、旧型を安く買うにはちょうどいいか少し遅い感じ。価格.comのクチコミでは15万円のポイント20%が相場でしたが、やる気の無い店員が16万8千円+ポイント10% と繰り返すのみなので、撤退。
 家に帰ってビックのネットショップで調べたら15万7千円+ポイント20%。配送・設置もしてくれるみたいなので、即決。

 運送はヤマトでしたが、やはり専門の電気屋さんとは違って、新品の家電を扱う感じでは無かったです。電源コードを後ろに落としてやり直したりしてましたし。。

 実際に設置されてみて、前よりスペースきっかりになったのでいい感じです!

pana_NR-F503T.png


マンションを買ったときにリビングの壁面全体に収納がほしくていろいろ探した結果、大谷産業の「ギャラリー収納」にしました。

幅3mぐらいで天井までのもので、約100万円。安くは無いけど満足出来るものになりました。

IP20やFOGA 、マノーネあたりで悩みましたが、名古屋で手配できるのは限られてきて、IP20のkanegenさんと、ギャラリー収納のMAKUDENさんに話を聞きました。

MAKUDENさんは対応がしっかりしていたのでお勧めです!



住宅ローンの借り方

|

マンションを買ったときに、住宅ローンを割りといい条件で借りられたので、銀行の立ち回り等をメモしときます。

<提携ローン>

・大抵、デベロッパーの提携ローンを紹介されますが、どこの金融機関で借りるかは自由ですので、条件がいいところを自分で探して決めます。

・マンションを契約するときに、手付金を物件価格の1割程度納めると思いますが、キャンセルした場合は放棄しなくてはなりません。但し、デベロッパーの提携ローンで申し込みをしておくと、リストラ等されたことが原因でローンが借りられなくなった場合、手付金が戻ってくるという利点がありますので、申し込んでおいて損はありません。(デベロッパーに確認要)

<申し込み>

・10年固定やフラット35等、金利の固定期間がいろいろありますが、これは自分の借入額と返済能力、今後の経済情勢をどう見るか考えて決めるしかありません。

申し込みは複数の金融機関でしても問題ありません。但し、信用情報機関に審査をした履歴が残り、銀行側も他に審査が入ったことがわかってしまいます。せいぜい3〜4行にしておくのが無難でしょう。

 銀行によって、事前審査の時に履歴が残るところと、本審査の時に履歴が残るところがあるようですが、そこまで気にする必要は無いと思います。

<金利>

・実行時の金利で借りられる銀行や、借り入れ前の6ヶ月間で一番条件のいい金利で借りられる銀行等、いろいろなタイプがありますので、それぞれのタイプで一番条件のよさそうな銀行をいくつか押さえておけば、経済状況の変化にある程度対応できます。借り入れの半年前には行動を開始しましょう。

一般的に、都銀よりも地銀、なかでも小さめの地銀のほうが条件はいいです。購入する物件か現在の自宅の近くに支店があれば、遠方の地銀でも相談にのってもらえる可能性があります。あまりなじみの無い遠方の銀行でも、条件が良ければ、問い合わせてみる価値はあります。

・どこの銀行でも店頭金利より条件のいいキャンペーンを行っています。WEBなどで調べるのですが、中には問い合わせた人にだけ教えるキャンペーンなどもあります。数多くの銀行に足を運ぶと良いでしょう。

・キャンペーン金利は、ある程度交渉が出来る場合があります。私は他の銀行と競合させて、0.2%程条件を良くしてもらいました。経済状況や経営状況、決算時期等、タイミングもあると思いますが、より条件のいい他の銀行のことを匂わせてみるのもひとつの手です。

・銀行や信用金庫だけでなく、地域によってはJAなども頑張っている場合があります。担当者のローンに対する知識があまり無い場合が多いのでいらいらしますが、こちらがちゃんと勉強していればなんとでもなりますので、比較対象に入れておきましょう。


 以上は、ある程度審査に余裕があるときの立ち回りです。あくまでお金を借りる立場ですので、あまり強引にやって心証を悪くしないようにしましょう。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマンションカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパチンコです。

次のカテゴリは家電です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

関連サイト