DIGA DMR-BW870 + TX-SA705 + REGZA Z3500 でリンク

|

Blu-ray欲しさにDIGA DMR-BW870を買いました。
さっそく「オペラ座の怪人」を観て、画質もですがリニアPCM5.1chのすばらしさに感動しました。

ただ、問題なのは操作性。

DIGA購入前までは、レグザとONKYOアンプなので、RI端子による連動で快適に使用していました。しかし、当然ですが、レグザリンクとビエラリンクはそのままでは繋がりません。

BW870はHDMI出力がひとつしかないので、接続は下記しか考えられません。

  REGZA - SA705 - DIGA


SA705には、HDMIリンク機能(RI HDというらしい)もあるらしいので、そちらを試してみた。

 設定は、次のとおり。

  REGZA ⇒  「初期設定」 - 「レグザリンク設定」 - 「HDMI連動設定」 で、すべての項目を"連動する" にして、優先スピーカを"AVアンプスピーカ" にする。
  SA705 ⇒ 「Control」、「Power Control」、「TV Control」を"Enable"にする。

 結果は、ほぼ期待通りに動いてくれます。

  • テレビの電源オン → アンプの電源オン(ソースは自動的にTVになる)
  • テレビの電源オフ → アンプの電源オフ
  • テレビのリモコンで音量調整 → アンプの音量が変わる
  • DIGAの電源オン&番組表・録画一覧等のボタン押下 → テレビとアンプの電源オン(ソースは自動的にDVDになる)


 ただ、ここでもひとつ大きな問題が・・

 HDMIリンクを使うと、SA705の電源ボタンをOFFにしたとき、READY状態となって、オレンジ色のLEDが光るようになります。(HDMIリンク未使用時は赤色)
 なんだろう?としばらく思っていましたが、あるとき電源OFFのはずのアンプに手を触れるとかなり熱い。

 なんと、電源ユニットに通電されたままになるのです。正確な数字は忘れたけど、40Wぐらいだったはずです。部屋の電灯をつけっぱなしぐらいの電力はあります。それに使っていないのに熱をもっているというのもなんとなく気持ち悪い。

 で、しばらくHDMIリンクを無効にして、手で各機器を切り替えて使っていましたが、やはり使い勝手が悪すぎる。妥協案として、HDMIリンクは有効にして、夜間はアンプの電源をタイマーで通電しないようにしました。

 方法は、近くにあるデジタルフォトフレームがタイマーで夜間は電源を切るように設定してあったので、そこに「マイコン式パソコン連動タップ T-Y10A」を接続して、フォトフレームの電源が入っているときはアンプもオン、フォトフレームの電源が落ちたらアンプもオフとなるようにしました。


カテゴリ

, ,

このブログ記事について

このページは、が2009年11月11日 17:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トヨタファイナンスのカード」です。

次のブログ記事は「名古屋市 粗大ごみ受付センター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

関連サイト