2009年1月アーカイブ

住宅ローンの借り方

|

マンションを買ったときに、住宅ローンを割りといい条件で借りられたので、銀行の立ち回り等をメモしときます。

<提携ローン>

・大抵、デベロッパーの提携ローンを紹介されますが、どこの金融機関で借りるかは自由ですので、条件がいいところを自分で探して決めます。

・マンションを契約するときに、手付金を物件価格の1割程度納めると思いますが、キャンセルした場合は放棄しなくてはなりません。但し、デベロッパーの提携ローンで申し込みをしておくと、リストラ等されたことが原因でローンが借りられなくなった場合、手付金が戻ってくるという利点がありますので、申し込んでおいて損はありません。(デベロッパーに確認要)

<申し込み>

・10年固定やフラット35等、金利の固定期間がいろいろありますが、これは自分の借入額と返済能力、今後の経済情勢をどう見るか考えて決めるしかありません。

申し込みは複数の金融機関でしても問題ありません。但し、信用情報機関に審査をした履歴が残り、銀行側も他に審査が入ったことがわかってしまいます。せいぜい3〜4行にしておくのが無難でしょう。

 銀行によって、事前審査の時に履歴が残るところと、本審査の時に履歴が残るところがあるようですが、そこまで気にする必要は無いと思います。

<金利>

・実行時の金利で借りられる銀行や、借り入れ前の6ヶ月間で一番条件のいい金利で借りられる銀行等、いろいろなタイプがありますので、それぞれのタイプで一番条件のよさそうな銀行をいくつか押さえておけば、経済状況の変化にある程度対応できます。借り入れの半年前には行動を開始しましょう。

一般的に、都銀よりも地銀、なかでも小さめの地銀のほうが条件はいいです。購入する物件か現在の自宅の近くに支店があれば、遠方の地銀でも相談にのってもらえる可能性があります。あまりなじみの無い遠方の銀行でも、条件が良ければ、問い合わせてみる価値はあります。

・どこの銀行でも店頭金利より条件のいいキャンペーンを行っています。WEBなどで調べるのですが、中には問い合わせた人にだけ教えるキャンペーンなどもあります。数多くの銀行に足を運ぶと良いでしょう。

・キャンペーン金利は、ある程度交渉が出来る場合があります。私は他の銀行と競合させて、0.2%程条件を良くしてもらいました。経済状況や経営状況、決算時期等、タイミングもあると思いますが、より条件のいい他の銀行のことを匂わせてみるのもひとつの手です。

・銀行や信用金庫だけでなく、地域によってはJAなども頑張っている場合があります。担当者のローンに対する知識があまり無い場合が多いのでいらいらしますが、こちらがちゃんと勉強していればなんとでもなりますので、比較対象に入れておきましょう。


 以上は、ある程度審査に余裕があるときの立ち回りです。あくまでお金を借りる立場ですので、あまり強引にやって心証を悪くしないようにしましょう。



ソースツリーの同期

FreeBSD7 では、csvup ではなく/usr/bin/csup を用いてソース同期するのが推奨されています。

# cp -p /usr/share/examples/cvsup/standard-supfile /etc

standard-supfile の編集
*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org
のところを、
*default host=cvsup2.FreeBSD.org
等と書き換える。

/etc/make.conf の「SUP_UPDATE」以下の部分を編集する。
SUP_UPDATE= yes
SUP= /usr/bin/csup SUPFLAGS= -L 2 -r 0 -l /var/run/csup.pid -Z SUPHOST= cvsup2.FreeBSD.org SUPFILE= /etc/standard-supfile

※make.confが古い場合は、下記のようにテンプレートから入れなおす。
 # cp -p /usr/src/share/examples/etc/make.conf /etc

下記でソースを同期する。

# cd /usr/src # make update # csup -g -L 2 -z /etc/standard-supfile


/usr/obj 配下の古いファイルを削除

# cd /usr/obj
# chflags -R noschg *
# rm -rf *


ソースのビルド

# cd /usr/src
# make -j4 buildworld

カーネルのビルドとインストール

# make buildkernel
# make installkernel

シングルユーザモードへの移行

# shutdown now

上記でも良いが、新しいカーネルで起動した方が良いかと思い、下記のように完全に再起動している。

# shutdown -r now

下のどちらかでシングルユーザモードを選択する。

 1)「Welcome FreeBSD!」のメニューで4のシングルユーザモードを選択。

 2)下記の表示が出たらリターンキー以外を押し、okプロンプトに対し「boot -s」と入力する。

Hit [Enter] to boot immediataly, or any other key for command prompt.
Booting [Kernel] in 10 second ...

シングルユーザモードで立ち上がったら、下記のように入力し、ファイルシステムをマウントする。

# fsck -p
# mount -u /
# mount -a -t ufs
# swapon -a

パスが張られていない場合は、下記のように設定すること。
# set path = (/sbin /usr/sbin /bin /usr/bin .)

バイナリと/etc の更新

installworldの前に必要なものをマージする。
# mergemaster -p

バイナリのインストール
# make installworld

旧の/etcには存在しないファイルを/etcにコピーし、差分のあるファイルについて、慎重に確認していきます。

# mergemaster

差分のあるファイルのdiffが表示されるので下にスクロールしながら、修正点を確認します。
一番下までスクロールすると、どうするかを聞いてきます。

d:古いファイルをそのまま残す(新しいファイルは削除)
i:古いファイルに新しいファイルを上書きする
m:画面が左右に分割され、古いファイルが左、新しいファイルが右に表示されるので、一行ずつマージしていく。

m:マージは逆にわかりにくいので、空リターンで元のファイルを残しておいて、後で手で修正した方が良さそうです。

mergemaster終了後、各種設定ファイルを反映させるか聞いてくるので、yを入力し、更新する。

再起動

再起動して最終確認する

# reboot

# uname -a
# dmesg -a | more
# ps aux

などとして、各種サービスが動いていることを確認します。


大河ドラマ「天地人」で与六(直江兼続の子供時代)を演じている子役の子が
かわいすぎです。

名前は、加藤清史郎ちゃん。
劇団ひまわりに所属する7歳だそうです。
劇中では5歳の役ですが、ぴったりですね!
放送後NHKにも賛辞の声がたくさん寄せられたそうです。

いまやっている、月9ドラマ「ヴォイス」でも瑛太の子供時代で出演して
いますし、後が楽しみです。


カフェ タナカ

|

大好きなカフェ タナカ(名古屋市北区上飯田)のケーキを食べました^^

リヴ・ゴーシュ     固いベースの上にチーズケーキがのっている変わったケーキ。
ショコラ・ド・パリ    定番の濃厚なチョコレートケーキ。
ルーレ・オ・フレーズ 一見ショートケーキだけど、いちごが甘酸っぱくておいしい。
すべて450円。

リヴ・ゴーシュはまた食べてみたい一品でした。

高島屋に入っているのは知っていたけど、ジャズドリーム長島にも入っているんですね。


Google Chrome

|

Googleが出した新しいWEBブラウザ「Google Chrome」をインストールした感想。

・シンプルで、動きが軽い^^
 リンクをクリックする前に、内部でDNS解決などを済ませておくなど、見かけ上早くなるように
 しているそうです。
・機能が少ない(Page Rank が出せないのは痛い。ポップアップで出せるようにはしたが・・)
・凝ったページだと、Internet Explorer と感じが違う。
・お気に入りのカスタマイズが弱い。色分けぐらい出来るとうれしい。
・Chrome専用のFlashやJavaが用意されているのは凄い!
・いくつかのネットバンクにログインしようとしたがUserAgentではねられてしまった。
 まだ、これ一本で、というわけにはいかなそう。。

Lunascapeを常用しているので、機能が少ないと感じたが、案外これぐらいでいい
のかもと思った。このサクサク感は捨てがたいので、しばらく使ってみます。



シュークリーム

|

 

いくつかのブログにシュークリームがおいしいと書いてあったケーキ屋さんへ行ってきました。

家から車で10分ぐらいのところにある、柳原商店街(名古屋市北区)の「トリノアン」。

 

値段が高めなのは目をつぶるとして、なんとなくお店がきたない感じでした。

そんなにおいしくないし、、

 

個人的には、やはり車で10分ぐらいのところにある、「プチフレーズ」のシュークリームの方が好きです。

 

久しぶりにFFFTPで自宅サーバへFTP接続したところ、ホスト側の一覧が出なくなっていた。

 

いろいろ調べたところ、FFFTPでリスト結果を解釈できていないようなので、作者の曽田さんに

メールをしたところすぐに返事を頂いた。リスト結果の月の表記がJanのようなローマ字省略

形ではなく、数字のためFFFTPで表示できていないとのこと。

対応も考えて頂いているようで、重ねて感謝。。

 

↓ もう少し自分で調べてわかったこと

inetdを起動したときの環境変数LANGの値によって、listの表記の仕方が異なる。

LANG=ja_JP.eucJP ⇒ 月の部分が数字
LANG=en       ⇒ 月の部分が3文字の省略形

 

setenv LANG en としてからinetdを再起動したら復旧しました。

OSを起動したときはOKで、LANGに「ja_JP.eucJP」等が設定されたシェルからinetdを

再起動したときにNGだったようです。

 

でも、FreeBSD6まではこんなこと無かったので、FreeBSD7から挙動が変更になった?

 

 

正月に飲んだワイン

|

 

正月に飲んだワイン。

近くのリカーマウンテンで購入した安物だけど、どちらもなかな か。

「シャブリ ブノワ・タシィ」 白

「ポルタ・ダ・ラベッサ」 赤

ポルトガルのやつは、国内でNo1シェアだそうで、一本650円ぐらいでした。

 

SH350003_wine001_1.jpg SH350003_wine002_1.jpg  

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

関連サイト